アルバイト求人ガイドTOP >アルバイトの基礎知識 > 不況とアルバイトの関係

不況とアルバイトの関係について

 

みなさんは、不況とアルバイトの関係についてどのように思いますか?

 

リーマンショックやギリシャの信用不安などによる世界経済の混乱のために、日本経済もなかなか回復していない現状なのです。

 

そのため、学生はもとより、正社員でも給料やボーナスが減って、本業の他に副業として、アルバイトを始める人も少なくないのです。

 

また、母子家庭などの家庭の事情で、子どもが高校に入ると、子どももアルバイトをしないと、生活が成り立たない人もたくさんいます。

 

一人親家庭などでは、アルバイトやパートをかけもちしている人も、少なくないのです。

 

そのうえ、不況によって企業の採用数も減っているのでアルバイトの求人も少なくなって、アルバイトの面接を何度受けても、採用にならない声もたくさん聞かれるようになりました。

 

自由を求めたり、つきたい職業などの夢に向かって、アルバイトをする若い人も多いのです・
しかし、不況による就職難で、大学を卒業しても就職先が見つからずにアルバイトを続けている人も少なくはないのが現状です。

 

2010年春卒業した大学生の就職率(2010年4月1日現在)は、91.8%と31,000人が職が決まらないまま卒業している現状です。

 

高校生への求人数も減って、2010年3月31日現在の就職率は、91.6%なのです。

 

不況によって、フリーターが増加して、正社員となれないので低所得による生活苦も、社会問題になっているのです。

 

正社員となれないことで、結婚や出産をあきらめている人もかなり多くなって、少子化の原因の1つにあんっているのです。

 

アルバイトを取り巻く現状は、社会状況の変化と共に大きく変わってきているのです。

 

おすすめ関連サイト